筋トレをするときは○○のタイミングで食べろ!食後?食前?

白米 味噌汁 フィットネス

あなたはいつも筋トレをどのタイミングでしていますか?
「ご飯を食べる前」に筋トレする人もいれば「ご飯を食べた後すぐ」に筋トレする人もいるかと思います。
実はタイミングによっては筋トレしても逆効果!?なんてこともあります
この記事では筋トレをするのに効果的、または逆効果なタイミングについて説明していきます。

食前の筋トレはどうなのか?【筋肉を減らす可能性アリ】

食前の筋トレはいわばガソリンが空っぽの状態で車を走らせるようなものです。
ガソリンがなかったら車は走りませんよね、人間の場合も同じで体動かすためのガソリンとなるエネルギーが必要となります。エネルギーがなかったら体は本来のパフォーマンスを発揮することは出来ません。


そして恐ろしいことに、人間の場合は体を動かすときにエネルギーが無かった場合、無いエネルギーを補うために筋肉を分解してエネルギーを作ってしまうのです。なので、
食前の空腹時に筋トレをしてしまうと筋肉を増やすどころか、逆に筋肉を減らしてしまう恐れがあります。

食後の筋トレはどうなのか?【消化不良を引き起こしやすくなる】

食前の例えからすると、食後の筋トレならばガソリン満タンの状態なので全力フルスロットルで体を動かすことが出来ると思うでしょう。


確かにそうなのですが、食後の筋トレにも実は大きな落とし穴があります。


端的にいうと食後すぐに筋トレすると消化不良の恐れがあり、胃が痛くなったり吐き気などを催す場合もあります。


なぜかというと食後すぐのときは、食べたものを消化しようと消化器官に活発に働いてもらうために、血液の流れを消化器官に集中させる必要があります。
しかし、食後すぐに筋トレをすると筋肉の方にも血液を多く流そうとするので、結果、消化器官に流れる血液の量が不足してしまい消化不良を引き起こしてしまいます。


頻繁に消化不良を引き起こしていると、体調不良だけでなく胃炎などの様々な病気を引き起こす原因にもなるので注意が必要です。

じゃあいつ筋トレすればいいの?【食後2時間後がベスト】

食前の空腹時に筋トレをすると筋肉を減らしてしまい、食後の満腹時に筋トレをすると消化不良を引き起こしてしまうって、「じゃあいつ筋トレすればいいの?」と思うかもしれません。


案ずるなかれ
食後に少し休息をとって、消化が落ち着いてきた頃に筋トレを行うことで体の中にエネルギーが残っている状態で、なおかつ消化器官に負担をかけずに済みます。


一般的に腹八分目まで食べた場合、食べたものが消化されるまで2~3時間かかります。
食後2時間程度たったときに、胃の中の食べ物がちゃんと消化されていると感じられれば、筋トレをするのに適したタイミングと言えるでしょう。


「食事の後に筋トレをするまで2時間も待てないよ」という人は、おにぎりを1個食べるなど腹四分目程度にして1時間休息をとるようにすると良いでしょう。


それでもやむを得ず、今すぐに筋トレをするという場合は、甘い飲み物(オレンジジュース、スポーツドリンクなど)をコップ一杯飲んでから運動をするようにしましょう。液体なので消化が早く、甘い飲み物に含まれる糖分が体を動かすエネルギーになります。

筋トレをする前におすすめのもの【炭水化物、食物繊維】

筋トレをする前にはごはんなどの炭水化物をとるようにすると、消化がよく筋肉の栄養にもなるのでおすすめです。


合わせてとっておきたいのがフルーツや野菜に含まれる食物繊維です。


炭水化物をとると血糖値が上昇して筋トレの効果を減らしてしまうため、炭水化物よりも先に食物繊維をとることで血糖値の上昇を抑えることができます。


ちなみに筋トレ前のバナナは消化がよく、炭水化物と食物繊維が同時にとれて、ビタミン・ミネラルなどの栄養素も豊富なのでとてもおすすめです。
私も学生の頃、運動部に所属していたときによくバナナを食べていました。

まとめ

筋トレをするときは

食後2時間程度休憩をはさんで、消化が落ち着いてきたときに筋トレを行う。
 
食事の際は食物繊維→炭水化物の順に食べるようにする。
 筋トレ前の食事にはバナナがおすすめ。

このことに気を付けると効果的に筋トレをすることができるので、ぜひ意識してみてください。

フィットネスの記事一覧はこちら↓
https://one-kinfit.com/category/fitness/

コメント

タイトルとURLをコピーしました