グーグルアドセンス最短攻略法【こちらの動画の内容を守ったところ審査に通りました】

ブログ 未分類

私はグーグルアドセンスにブログの審査を出すにあたって、下記の動画を参考にしたところ無事審査に合格したので、実際に私が動画を見ながら行った内容や、合格したときの自身のブログ状態を書いていこうと思います。(2020年10月11日、審査合格済み)
これから、グーグルアドセンスに審査を出す人の参考になれば幸いです。

【2020年も】ほぼ間違いなくGoogleアドセンス審査に通過するブログサイトの作り方


また、私はWordPressを使ってブログ記事を書きましたが、下記のサイトには初心者にも分かりやすくWordPressの使い方を説明されているのでおすすめです。

WordPress超初心者講座:https://wp-exp.com/

グーグルアドセンス最短攻略法

上記の動画の説明だけでは理解しきれないところもあるかと思うので、私が実際に動画を見ながら行った内容を解説していきます。

最短と書いていますが、実際には2回ほど審査に落ちています(笑)
※新型コロナウイルスの影響で審査自体をなかなか受け付けてもらえない時期もありましたが、めげずに何度も審査の申請を送りました。

私が審査に落ちた理由と、どこを改善させたら審査に合格できたのか書きたいと思います。

審査に合格したときのブログの状態

まず、私がアドセンス審査に合格したときのブログの状態をおおまかに書いていきます。

記事数

記事数・・・10記事

動画の7:53~の内容に書いてある、最低限の10記事でアドセンス審査に合格しました。

動画では「1日1記事1000文字以上を10日」と書いてありますが、私の場合は8記事目と9記事目の投稿日が2週間ほど空いていましたが審査には合格しました。

また、審査に合格したのが10記事目の投稿日から約3ヵ月後のことなので、投稿日については審査内容にあまり関係ないのかもしれません。

ただ、審査に合格するまでにちょいちょい記事を手直しして更新していたので、更新頻度についてはもしかしたら関係あるかもしれません。なので、数ヵ月更新されていない記事がある場合、更新してから審査に出したほうがいいのかもしれません。

1記事あたりの文字数

1記事あたりの文字数・・・2278文字

動画7:53~
1記事あたりの文字数については1記事1000文字の約2倍の文字数が書けていました。一番文字数が少ない記事でも、1378文字でした。

とりあえず記事を一通り書いてみたときは全体的にもっと文字数が少なく、1000文字に満たない記事もありましたが、日付や時間帯を変えて記事を見返してみると新しい発想が浮かんだりして記事を手直ししていくうちに文字数を増やすことができました。

記事を実際に書きながら分かったことは、まずは完璧じゃなくてもいいので記事を書いてみることです。そして、あとからまた書いた文章を読んでみて付け足せるところは付け足したり、変だと思うところを修正していくようにしましょう。

最初記事を書く前は1記事1000文字を書くのは大変だと思いましたが、実際に書いてみると案外書けるもんです。

プロフィール、サイト紹介のページ

プロフィール文字数・・・515文字
サイト紹介文字数・・・202文字

動画13:04~
プロフィール、サイト紹介のページについては1000文字に達していなくても審査には合格できるようなので、簡単な自己紹介や抱負が書いてあれば問題ないと思います。

プライバシーポリシー

プライバシーポリシーは他の人のサイトを見ているとなんだか長ったらしくて書くのが難しそうに感じます。

ですが、プライバシーポリシーをコピペOKしているサイトもあるので、そこからコピペすれば簡単に済ませられます。
※一度全文を読んで見て、サイト名など手直しが必要なところは最低限修正するようにしましょう。

私もコピペOKのサイトからプライバシーポリシーを拝借させていただきました。

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォームは「Contact Form 7」というプラグインを使って作成しました。

記事カテゴリー

審査に出すときは、親カテゴリーを1つ、子カテゴリーは3つ程度にして記事を分類しておくのがいいと思います。

私の場合は、親カテゴリーを「フィットネス」として、子カテゴリーに「メソッド」、「体験談」、「食事」の3つを設定しました。

一回目の審査通知:不合格

初めてアドセンス審査を出したときの最初の審査結果通知は不合格。

動画を見ながらサイトを作ってみたが、どうして審査に通らなかったんだろうか。
そう思い、もう一度動画を確認してみたところ動画15:27~の内容の「自分の考えや体験だけで記事を書く」の部分が不十分であることが原因だったと思いました。

私は運動に関する記事で自身が行っている筋トレメニューなどを書いていたのですが、読者の視点で記事を読んでみると「筋トレの方法」が書いてあるだけで、考えや体験は全然書けていないことに気づきました。
なので、各記事に筋トレメニューに加えて「筋トレメニューを続けたことで得られた効果」などを書いて、全ての記事に何かしらの自分の考えや体験だと分かる文章を入れるようにしました。

※補足
動画では「自分の考えや体験だけ」で記事を書くと言っています。
ですが、私の場合は「自分の考えや体験」が200文字~300文字くらいしか入っていない記事もありましたが、それでもアドセンス審査には一応通りました。


また、グーグルのウェブマスター向けガイドラインにも、どんな記事がグーグルに好まれるのかヒントが書いてあります。(特に基本方針の部分)

グーグルのウェブマスター向けガイドライン
https://support.google.com/webmasters/answer/35769?hl=ja

基本方針の部分を抜粋

  1. 検索エンジンではなく、ユーザーの利便性を最優先に考慮してページを作成する。
  2. ユーザーをだますようなことをしない。
  3. 検索エンジンでの掲載位置を上げるための不正行為をしない。ランクを競っているサイトや Google 社員に対して自分が行った対策を説明するときに、やましい点がないかどうかが判断の目安です。その他にも、ユーザーにとって役立つかどうか、検索エンジンがなくても同じことをするかどうか、などのポイントを確認してみてください。
  4. どうすれば自分のウェブサイトが独自性や、価値、魅力のあるサイトと言えるようになるかを考えてみる。同分野の他のサイトとの差別化を図ります。

自分の考えや体験を書くことはウェブサイトの独自性や、価値、魅力につながり、グーグル基本方針の4番の内容に当てはまっているといえるでしょう。

グーグルの基本方針を守ることで、グーグルに好まれやすくなり、アドセンス審査にも合格しやすくなります。

二回目の審査通知:またも不合格

そして一回目の不合格から記事を手直しして再度審査を出しましたが、二回目の不合格通知。

審査に通らなかった理由は「価値の低いコンテンツが含まれている」とのことでした。

記事を修正したのになぜ、どこが守れていなかったのかもう一度動画を見直すと、
動画11:13~の内容が守れていなかったのが分かりました。
一つの記事にだけ写真を何枚か使用してしまっていたので、その写真を削除しました。
(現在はもうアドセンス審査に通ったので、画像・動画を使用しています。)

三回目の審査通知:ついに合格

記事に使用していた写真を削除して審査に出したところ、三回目でついに審査に通りブログに広告を貼れるようになりました。

どうやらアドセンス審査に出すときは、記事に写真が貼られていると「価値の低いコンテンツ」とみなされてしまうようです。

ブログ記事を書くとついつい写真とか貼り付けたくなりますが、アドセンス審査に通るまでは写真・動画を使用しないようにしましょう。

まとめ

この記事の一番上の動画の内容を全てちゃんと守っていれば、アドセンス審査に落ちることはなさそうです。
(私みたいに動画の内容を無視しないでください)

では、みなさんもアドセンス審査に合格できるよう頑張ってください!


コメント

タイトルとURLをコピーしました